Start content

どうぞごゆっくりご参拝ください

遠い昔から、われわれの祖先が、森厳にして清浄なるところを聖地と定め、
一年中の神まつりを執り行ってきたところ、それが神社であります。

上州藤岡をお鎮めするお諏訪様

当社は「健御名方神(たけみなかたのかみ)」、「八坂刀売神(やさかとめのかみ)」を御祭神とする、群馬県の南西部、藤岡市の神社であります。
上毛の三山を一望できる、諏訪神社の神山、前方後円の諏訪古墳上に社殿が建ちます。
古くから「お諏訪様」と呼ばれ、氏子九ヶ町の氏神として信仰されております。

諏訪神社の紹介

諏訪古墳の上に建つ本殿、歳旦祭や春季大祭に神楽が奉納される神楽殿をはじめ、天満宮、八坂神社、大國神社などの末社が4600坪の境内に建ち並びます。

詳細を見る

御祈願・御朱印

初宮詣、七五三詣、安産祈願、車祓(交通安全祈願)、家内安全祈願、厄除祈願、方位除祈願、合格祈願、開運祈願など、各種御祈願承ります。

詳細を見る

御祭事

歳旦祭から始まり、春・夏・秋の例祭や大祓などの祭事を行います。夏季例祭では藤岡まつりで山車の巡行や御神輿の渡御が行われます。

詳細を見る

時代を超えて繋がれる絆

里帰りした宮神輿

絹市で栄えた江戸時代の藤岡に、呉服問屋の三井越後屋(現三越)が出店の礼として奉納した諏訪神社の宮神輿。
江戸時代から始まった藤岡と三井越後屋の縁は、諏訪神社の宮神輿が「里帰り」をすることにより、
現代の日本橋、中央区との交流へ引き継がれ、地域振興、文化交流の大きな絆になっております。

宮神輿が繋ぐ絆

 

「里帰り」した諏訪神社宮神輿

詳細を見る
PAGE TOP